« ハイパースレッディングの意外なメリット | メイン | 「ホリエモン」、「フルブラウザ」等々商標関係がばたばたしてますが »

2005年06月01日

今さらながらの「クルートレイン宣言」

最近ちょっといろんなことを一から勉強しようと言うモードになっていて、その勉強課題のひとつがマーケティングなわけです。
で、いろいろとWebを調べていて出会ったのが「クルートレイン宣言」(The Cluetrain Manifesto)。
米国のマーケティング・コンサルタントのクリストファー・ロック氏がWeb上に新しい時代のマーケティングのための「95のテーゼ」を発表したところ、ネット・コミュニティで大反響を呼び、1999年に書籍として出版されたものです。

邦訳も『これまでのビジネスのやり方は終わりだ―あなたの会社を絶滅恐竜にしない95の法則』というタイトルで日経新聞社から2001年に出ています。
何かまったく記憶がないので、あまり話題にもならなかったような気がします(邦題が悪い?)。
googleで「クルートレイン宣言」をサーチしても56件しかヒットしないので、そもそも日本では原著からしてあまり話題にならなかったのでしょうか?

で、中身なんですが、英文であればWeb上で無料で読めるようになっています。
英語で全部読むのはしんどいという人でも、巻頭の「95のテーゼ」は日本語化されてますので、これだけでも読むと結構ためになるのではと思います(一部変な訳のところがありますので、適宜、英語版も確認した方がよいかも)。
内容的には「何を今さら」というのが多いのですが現状をうまくまとめてキャッチーな言葉で表現しているところが多いです。
また、1999年の出版でありながら現在の状況を的確に予測できているポイントも多いと思います。
たとえば、最初のテーゼである「マーケットとは対話である。」ですが、blogブームの今をまさに予測していたと言えるでしょう(原著の執筆時にはblogはメジャーな存在ではなかったですし、サイト内で"blog"でサーチしても見つかりません。)

邦訳もamazon.coo.jpのマーケットプレイスで古本が59円(ドヒャー)で買えるようです(例によって、日本語訳のクオリティについてはコメントできません。原文を読む限り、かなり訳しにくそうな英語ではあります)。

投稿者 kurikiyo : 2005年06月01日 09:51

コメント