« 「セシルマクビー事件」:やはり商標法は大企業重視 | メイン | Googleの株価はどれくらいバブル入ってるんでしょうか? »

2005年06月07日

【雑談】どうなるんでしょうか?Macの今後

#Mac関連は専門で見てるわけではないので雑談モードです。

ここで改めて言うまでもなく、事前の噂どおりの発表が行われたわけです(参考記事)。
そういった意味では特にサプライズはなかったですね。
どうでも良い話ですが、上の参考記事では「Mac OS Xには秘密の人生がある。」となっているジョブズの発言は、米Cnetの記事では"Mac OS X has been leading a secret double life the past five years."、つまり、「過去5年間OS Xは密かに二重生活を送ってきた」ということで、世間では正妻(PowerPC)とアツアツに見せておいて、裏では愛人(Pentium)との関係を深めていたと言うことですね。あいかわらず、面白い言い回し>ジョブズ

個人的には、せめてAMDにして、Intelとの競争原理を働かせてほしかったですね。

さて、今後はどうなっていくかということですが、結構、アプリケーションの移行は大変でしょうね。
バイト・オーダーの問題もありますし。
また、これで実質上OS 9以前のOSでは新しいハードのサポートはなしということになります(PowerPC搭載機の中古市場が盛り上がる?)

最大の疑問は、Pentium MacがPC互換機的になっていくのか、それとも、Appleの独自性を残していくのか(たとえば、OSの一部ROM化をやってしまうのか)?
Macがハード的にPC互換機と同等になれば、Appleは単にデザインが良いPC互換機ということになってしまいますね(実質上ハード撤退とも言えます)。
まあ、こうなると同一マシン上でデュアルブートもできるし、VMWareでMac OSとWindows同時稼動なんかも可能になって、それはそれで楽しいかもしれません。
元麻布春男さんは取材記事でこのシナリオを予測していて、OSの世界でWindowとダイレクトに競争するこを期待しているようです。
まあ、スティーブ・ジョブズがハードの独自性をなくすような戦略をとるのかは甚だ疑問ですが、長い目で見れば、これがユーザーのためにもAppleのためにも良いかもしれません。

#ぜんぜん話変わりますが、唐沢なをき氏は今頃ネタ考えるのに大変でしょうね。

投稿者 kurikiyo : 2005年06月07日 10:35

コメント

今回の伏線として、DarwinがすでにPCで動作していました。したがって、Appleでは、MacOS XをPCでも開発していたと考えられるのではないでしょうか。
もちろん、だからといって新しいIntelベースのMacがPCアーキテクチャを採用しているとは考えづらいのですが。残念なことに。

投稿者 nmaeda : 2005年06月08日 02:02

あくまでも推測ですが、標準的なPCマザーに独自のROMを乗っけて、「Apple独自ハード」にしてしまいそうな気がします。
そうするとIBM PCのBIOSの時のように、台湾メーカーがクリーンルーム開発でクローンROMを作ってしまったりして。
あと、AMDにしなかったのは、モバイルのロードマップが不安なのと、コンパイラー・テクノロジーの問題があるようですね。さすがに、Microsoftのコンパイラ使うわけにはいかないですし。

投稿者 栗原 潔 : 2005年06月08日 15:19

今時、ROMを乗せただけで独自ハードなどと言ってみてもユーザは納得しないのではないのでしょうか?
初期型のMacの時代なら、高価なRAMを節約することや、フロッピーからのブートを早くするためなどというメリットも考えられましたが、もうそういう時代ではありませんし。
そんなことを考えていると、PCではない独自ハードウェアでIntelベースのマシンを作る意味など考えられないと思えてきます。

AMDがモバイルで不安なのは事実ですね。先日の発表によると、アメリカではすでにデスクトップマシンより、モバイルの方が出荷台数で勝っているようですから重要でしょう。

ただ、Appleがコンパイラを重視したかどうか。そもそも、Appleはまともな開発環境を提供していたことがありませんので、開発環境をどれほど重視しているのか、疑問が残ります。(Appleが提供のMPWで、Apple自身が本当に開発していた/いるのかどうか?)
もちろん、今回の場合は、すでに高度なオプティマイズなどで定評のある、Intelのコンパイラを採用する可能性が高いでしょうけれども。

ところで、面白いのはMicrosoftがXbox360の開発環境としてPowerMacを使っていることです。逆転現象が起きていますね:-) Microsoft社員が自身のblogでMicrosoftに納入されるPowerMacの写真を載せて問題になりましたが、Xboxだったのですね。

長文失礼しました。

投稿者 nmaeda : 2005年06月09日 11:22

Rosetta? エミュレーション?と思いましたが、Virtual PC for Macという製品もあることですから、旧アプリケーションも、それなりに動くのかもしれませんね。それにCPUがPowerPCだからMacにする、というユーザーはほとんどいない気もします。

Intelコンパイラは、何しろCPUパワーを高く見せるという意味もあり、最適化の性能は凄いらしいのですが、一方でコンパイル速度がかなり遅いとも聞きますね。

ふと Metrowerks はどうしているだろうと思ってサイトを見たら、Macコンパイラのページに「最近、x86コンパイラテクノロジをサードパーティに売り払った」と書いてありますね。:-O

投稿者 anonymous : 2005年06月10日 22:22

一般のエンドユーザにとって、プロセッサがPowerでも、intelでも関係ないですし、32bitsでも64bitsでも関係ないわけです。ただ、バイナリの互換性は重要でしょう。

68系からPowerへの移行時は、エミュレーションの完成度が非常に高く、互換性と性能の問題は起きませんでしたが、今回はどうでしょうか。

ただ、やっぱり、intel x86をプロセッサに採用しておきながら、独自ハードにする理由があるのかどうか。SGIやIntergraphのように独自チップセットでも開発しますかね。

今回、独自ハードでも、最終的にPCに移行する方に一票です。

投稿者 nmaeda : 2005年06月11日 18:13

68系からPPCの時は性能が大幅に向上したので、エミュレーションのオーバーヘッドも相殺できましたし、ユーザーも納得できたと思うんですね。
しかも、AppleはずっとアンチPentiumキャンペーンやってましたので、Appleファンとしてはやりきれないでしょうね。
最終的にMacのハードがPC互換になってAppleは差別化できるのか?ブランドとデザインで差別化ということになる(Appleがサポートで差別化するのはムリと思われ:-P)と思いますが、ブランドはともかく、国産メーカーも台湾メーカーもデザインはかなり良くなって来てますから大変でしょう。

投稿者 栗原 潔 : 2005年06月11日 22:25

ハードウェア的には世のPC互換機と全く同一に近い構成を取ると思いますよ。
ただ、ブートプロセスにおいて、BIOS, EFI でなく Open Firmware を採用したりして、あまり知識の無いユーザがそこらに転がっているPCにOS Xを入れる障壁とするといったアプローチはあるでしょう。(Open Firmware の方が EFI より技術的に筋が良さそうだし。)NeXT社時代のOPENSTEPで、PC互換機ユーザのサポートには懲りたでしょうから。
独自チップセットの開発は、Appleの望む機能を持ったものが市場から供給されないのであれば、たぶんやるでしょう。伝統的にAppleのASIC開発能力は結構高いです。

投稿者 moke : 2005年06月16日 11:46