« 書評『カーマーカー特許とソフトウェア―数学は特許になるか』 | メイン | Sunの仮想敵国と言えば? »

2005年03月22日

書評『カーマーカー特許とソフトウェア―数学は特許になるか』の続き

ちょっと間があいてしまいましたが、前回のエントリーの続きです。

この本はソフトウェア特許の本というよりも、線形計画法の入門、カーマーカー特許の解説、カーマーカー特許成立に至るまでの顛末、そもそもアルゴリズムを特許化すべきか、アルゴリズムの保護に、特許以外の適切なスキームがあるのか、等々の内容が広範に述べられてます。
やや雑然とした感はありますが、内容自体は非常に読みやすくおもしろいです。
楽しい小ネタが多いのもこの本の特徴で、数学者とエンジニアの思考の違いを説明しているくだりで、あるエンジニアが数学者の人に研究のアイデアを説明したときに「もう少しわかりやすく抽象的に説明してくれ」と言われたという逸話などが紹介されています。

ただ、やはり前回のエントリーのコメントにも書きましたが、今野先生、ちょっと論理の飛躍が見られるところがあります。
たとえば、ソフトウェアを特許の対象とすべきでない理由のひとつとして、裁判所や特許庁ではアルゴリズムの内容を理解できないと言う点が挙げられています。
確かにそういう問題があるのは確かですが、だからソフトウェアは特許の対象とすべきでないというのは論理の飛躍であって、裁判所が適切な判断を下せるよう、専門家の諮問機関を設ける等の運用の仕組みの改善も考えるべきでしょう(以前のコメントにもありましたが、裁判官が内容を深く理解できない裁判は意味なしということであれば、医療裁判もできなくなってしまいます)。

ところで、この本が書かれた1995年から、現在までの間で知的財産権に関する最も大きな動きはオープンソースソフトウェアの普及でしょう。
そういう点から言うと非常に興味深い事例がこの本で挙げられています。
AT&Tはカーマーカー特許を使った線形計画のソフトウェアを890万ドルという法外な価格で売り出したそうです(しかも、専用ハードでないと動かないと言うとんでもないしろもの)。
一方、アカデミアの研究者たちのコミュニティは知恵を出し合って、カーマーカー特許を回避したソフトウェアを安価に提供して普及させることに成功。結局、AT&Tのソフトウェアはほとんど売れなかったそうです。

要するに、特許を盾に他者に情報を提供しないクローズドな戦略が、自由にノウハウを交換するオープンなコミュニティの開発戦略に負けたと言うことであって、これはオープンソース開発のパラダイムの有効性が証明されているひとつの例と言えるでしょう。
IBMの特許寄贈の動きのように、特許を一企業の独占の手段からコミュニティの共有財産とする動きは今後とも増えてくるのではないでしょうか。

今野先生は昨年に日経バイトにも寄稿されており、Web上でも見れます(有料会員向け記事ですが、お試し期間として無料で読むことが可能です)。
今野先生のポジションはこの本を書いたときから基本的に変わっておらず、ソフトウェア特許反対の最強硬論者のひとりのオピニオンとして読むに値する記事だと思います(エンジニアがこの種の問題に表立って発言しないのは問題との先生の意見にはまったくもって賛成です)。
とは言え、これらの記事でも、ソフトウェア特許は新規性がないものが多い→ソフトウェアは特許の対象とすべきでないというロジックがあって、やはり飛躍があると思いました。

松下-ジャストの時でも書きましたが、ソフトウェア特許反対者のポジションとしては、
1.特定のソフトウェア特許がおかしい
2.今のソフトウェア特許の運用がおかしい
3.そもそもソフトウェアを特許の対象とすることがおかしい
に大きく分けられると思うのですが、どうも、今野先生のポジションは1と2の問題点を主張して、その改善策を十分に提示せずに、いきなり3を結論付けているように思えるのです。

投稿者 kurikiyo : 2005年03月22日 14:15

コメント

1 「カーマーカー特許」について述べる前に,先ず,私の発明(技術と同義)の定義を明らかにする(発明・技術を定義しなければ,発明・技術についての議論は成り立たない)。
「発明とは,有体物から,人間の欲望を満たすための手段としての観点で抽象した概念を言う」(前記「有体物」は,人を除く物を解決手段とする「物」と,人(の肉体運動)を解決手段とする「方法」から成る,それ故発明の種類は「物の発明」と「方法の発明」のみである)
 その概念の中味は,具体的解決手段としての「有体物」と,「有体物」を用いることによって達成される課題(発明の目的)と,「有体物」を用いることによって得られる利益(発明の効果)と,から成る。
2 前記私の発明の定義は,発明の成立性の条件(具体的客観的解決手段が提示されて始めて発明は成立する)を判示した最高裁昭和39年(行ツ)第92号(昭和44年1月28日)判決に合致する。
3 「カーマーカー特許」に係る出願明細書を精査しても,具体的解決手段としての「有体物」は開示されていない。
 確かに,線形計画法モデルによる最適資源割り当て解法(数学的手段)をコンピュータに適用して最適解を得る「プロセス制御システム」が開示されていること,その「プロセス制御システム」は「制約センサ」,「検出器」,各種「レジスタ」,「ANDゲート」,「LPコントローラ」から成り,「LPコントローラ」はデジタルコンピュータから構成され最適資源割り当て解法をプログラミングしたプログラムを内蔵していること,は記載されている。
 しかし,「プロセス制御システム」の核ともいうべき最適資源割り当て解法をプログラミングしたプログラムは勿論のこと,当業者が該プログラムを容易に作成するすることが可能である程度にコンピュータソフトウェア(フローチャート)さえ記載されていない。
 これでは,具体的客観的解決手段が開示されているとは言えず,発明は成立していない。
 要するに,「カーマーカー特許」は発明でない。従って,発明であることを前提とする議論は無駄としか言い様がない。
4 出願明細書には,資源割り当て解法が適用される産業上及び技術上の分野として「電話経路の指定」,「産業プロセスの制御」,「商業製品を製造するための原料の配合」,「精油製品の混合」,「複数のユーザへのコンピュータ資源割り当て」その他があること,が記載されて,却って,本件解決手段が普遍的手段であり数学的手段に過ぎず,具体的客観的解決手段でないことを,出願人自ら認めている。
 具体的客観的解決手段であれば,前記各分野毎に違いがあるのは当然である。
5 猶,「カーマーカー特許」は,方法の発明として特許されたが,人(の肉体運動)を解決手段としていない(コンピュータ即ち「物」を解決手段とすることは明らかである)ので,この点でも特許法に反しているものである。(「方法」を定義した東京高裁昭和31年(行ナ)第18号,昭和32年5月21日判決参照)
6 数学やアルゴリズムと発明の関係が議論されている。しかし,前述した私の発明の定義に依れば,数学やアルゴリズム自体は「有体物」の存在を前提にしないので発明でない。
 一方,情報処理装置(コンピュータ)や記憶装置(CD-ROMを含む)に関する発明は,「有体物」の存在を前提にするので発明であり,その際「有体物」の特徴がコンピュータプログラム更には数学やアルゴリズムで表現されることは当然考えられる。
 この場合,発明はその「有体物」から抽象した概念であり,数学やアルゴリズムはその「有体物」の表現に過ぎない点に注意すべきである。
7 「カーマーカー特許」事件において,今野先生は,異議申立書,審判請求書,訴状,中公新書等で,言葉を多く費やしているにも拘わらず,肝心の,特許法上の用語「発明」,「方法」と,一般用語「数学」,「ソフトウェア」,「コンピュータプログラム」等,のそれぞれの定義,それらの間の関係を明確にしていない。そのため,特許庁の審査官,審判官,や裁判所の裁判官を始め,読者諸氏を説得できていない。
 そのため,数学が何故発明でないか,誰にも解る理論付けが出来なかったと言わざるを得ない。
 私が以上で述べた理論は,正しいかどうかは置いとくとして,誰にでも解り易いと思われ,誰にでも解り易いことは又公正さに通じる。
8 以上述べたように,議論をする場合は,先ず始めに議論で用いる言葉として,共通認識ある用語に限定する,端的には言葉を定義し確定しておく必要がある。それ無しには,いくら言葉を費やしても唯無駄でしかない。
 情緒的に,カーマーカー特許,ソフトウェア特許は怪しからん,特許庁,裁判所は怪しからんと言っても,何の役にも立たない。

尚,前述した私の定義や2件の判決については私のホームページ http://members2.jcom.home.ne.jp/mitsu-maru/index.html
で詳細に述べているので参照されたい

投稿者 素浪人 : 2005年07月25日 18:45